TOP > 製品情報 > 土砂を防ぐ > ワイヤーセンサー

ワイヤーセンサー

  • 無人箇所での土石流発生を検知
  • 土石流の発生を直接検知

渓流を横断するようにワイヤーセンサーを張り、土石流(泥流)が断面を通過することにより切断されることで発生検知を行います。
河床高方向に複数のワイヤー(最大5測線)を張ることで規模の推定が可能です。
また、警報装置と組み合わせることで、工事現場や地域住民への警報を出すことも可能です。

GWD type.pdf (ファイルサイズ:413,798Byte)

製品仕様

型名 GWDタイプ
心線数 2心
直径 心線 :0.9mm
支持線:1.2mm
引張り強さ 心線 :28kg/mm2以下
支持線:141kg
伝送距離 センサー〜制御装置間:最大2.0km
電源 ワイヤーセンサー:−
制御装置    :DC12V
機器構成(例) ワイヤーセンサー、中継ボックス、制御装置

 

 

ページトップへ