TOP > 製品情報 > 土砂を防ぐ > 土研式投下型水位観測ブイ

土研式投下型水位観測ブイ

本装置は、地震や豪雨で発生する天然ダムの湛水位を迅速・安全に監視開始するための水位計です。イリジウム衛星通信装置、バッテリーを搭載したブイ部と、水位計センサを搭載したケージ部から構成されます。
投下前は一体となり空輸可能ですが、投下後は自動的に分離して観測姿勢となります。測定された水位データはイリジウム衛星通信によって管理者にEメールで伝送され、専用ソフトによって監視することが可能となります。

  • ヘリコプターにより投下するだけで設置が完了
  • 天然ダムの湛水位を迅速・安全に監視可能
  • イリジウム衛星通信の利用により、災害時・山間地でのデータ伝送が可能
  • 内蔵バッテリーにより2ヶ月以上の連続運用が可能

APF-40.pdf (ファイルサイズ:439,517Byte)

製品仕様

構成 ブ イ:イリジウム衛星通信装置、バッテリー
ケージ:圧力式水位計(40m計)、水位計ケーブル(50m)
通信 イリジウム衛星通信
通信間隔 10分、30分、60分等から任意設定
計測間隔 10分、30分、60分等から任意設定
外形寸法 ブ イ:φ500×526mm
ケージ:880×880×1130mm(突起部含む)
重量 ブ イ:約30kg
ケージ:約30kg
電源 DC12V 内蔵バッテリー

 

 

ページトップへ