株式会社 拓和 | 拓和は「水を知ること」の価値と可能性で世界の明日を創る企業です

拓和の製品

磁歪式開度計

MSGM-10シリーズ(磁歪式センサー)
GLCW-Mシリーズ(コーダー)

磁歪式開度計

  • ゲートに設置した検知器で直接開度をセンサーから検出します
  • ワイヤーロープやギヤを利用しないので経時的な伸びや摩耗の影響がありません
  • 検知器は電源不要でかつ電気的部品が無いので故障しません
  • 磁気スケール式開度計のリプレースに
  • 国土交通省新技術情報提供システムで登録されている製品です(NETIS登録番号KT-10009号)

概要

データ変換部より伸びた磁歪線上を移動する検知器マグネットの位置を、磁歪式センサーで計測し、移動量をシリアル信号(SSI)で出力します。ゲートに取付けた磁歪線上を永久マグネット内蔵した検知器が移動することでゲートの移動量を直読します。
計測した移動量は専用の開度計コーダーへ出力されゲート開度を演算します。

原理

本装置はセンサー部に磁歪線と呼ばれる特殊なケーブルを使用しており、マグネットの位置を検出します。ゲートにマグネットを設置すると即ち距離が開度となります。磁歪線はデータ変換部に直接接続されており、磁歪線の長さはそのまま測定範囲となります。

システム構成・設置例

製品仕様

磁歪式センサー

寸法 W150×H220×D100(磁歪線を含まない)
材質 アルミ
質量 約2.5Kg(磁歪線を含まない)
計測 0~15m
精度 ±1.0cm
概要 磁歪線をマグネットによる磁界で検出

開度計コーダー

寸法 W115×H199×D180(突起除く)
質量 約2.5Kg
材質 鋼製
電源 AC100V/200V自動切換え
機能 蛍光管表示、各種設定、SDカード記録
出力 BCD・RS-232C

ケーブル部

専用ケーブル

製品カタログ(PDF:529KB)