株式会社 拓和 | 拓和は「水を知ること」の価値と可能性で世界の明日を創る企業です

拓和の製品

斜面崩壊検知センサー

KTS-SF

斜面崩壊検知センサー

  • 斜面崩壊検知センサーは斜面の崩壊を時間の遅れなく検知します
  • 国立研究開発法人土木研究所との共同開発品です

概要

斜面に検知センサーを設置し、斜面崩壊に伴い斜面に設置したセンサーが傾斜し転倒することで崩壊を検知します。検知信号は検知センサーから受信制御装置に無線で通信されます。そのため、ケーブル敷設が不要であり設置工事が容易でかつ落石等による断線の心配もありません。受信制御装置の出力を携帯通報装置や市町村で用意されたテレメーターに接続することで崩壊発生情報を即座に公開できます。受信制御装置にサイレンや回転灯を接続するときは弊社製品の警報装置をご使用ください。

原理

斜面に設置したセンサーが転倒(傾斜)すると検知信号が受信制御装置へ無線伝送されます。また受信制御装置にサイレンや回転灯を接続することができます

システム構成・設置例

製品仕様

斜面崩壊検知センサー

寸法 Wφ83×H260、質量:約2.0Kg
材質 塩化ビニル

受信制御装置

寸法 W300×H400×D165(突起除く)
質量 約5.0Kg
材質 ポリカーボネートおよびABS樹脂
電源 DC12V
接続数 最大30回線
機能 液晶表示、ID設定、本体メモリー・SDカード記録
出力 塩化ビニル

ケーブル部

専用ケーブル

製品カタログ(PDF:1MB)