株式会社 拓和 | 拓和は「水を知ること」の価値と可能性で世界の明日を創る企業です

拓和の製品

ワイヤーセンサー

GWD2

ワイヤーセンサー

  • ワイヤーセンサーは集中豪雨・大地震・火山噴火等による土石流や泥流の発生を直接検知します

概要

ワイヤーセンサーは渓流を横断するようにワイヤーを設置し、土石流や泥流が断面を通過してワイヤーを切断すると警報を発します。川の高さ方向(河床高と言います)にワイヤーを複数本設置すると土石流の規模を高さ(深さ)で計測できます。
渓流や土石流が発生しそうな場所に設置し発生信号を警報装置やテレメーターに接続することにより発生情報を公開できます。ワイヤーセンサーは2本設置できるタイプと5本設置できるタイプの2種類があります。

原理

土石流等が発生、流下した際に通電されたワイヤーが切断されることで検知します。発生検知信号は外部(テレメーター等)に出力することができます。

システム構成・設置例

製品仕様

ワイヤーセンサー

寸法 W7.5×D2.8
材質 被覆:ポリエチレン、線材:亜鉛メッキ鋼線

受信制御装置

寸法 W300×H300×D165(突起除く)
質量 約5.0Kg
材質 樹脂
電源 DC12V
接続数 GWD2-2B:2回線、GWD2-5B:5回線
機能 入力信号チェック、出力信号チェックLED、警報設定
出力 接点
製品カタログ(PDF:771KB)