TOP > 旧・日本電気精器株式会社の計測制御装置事業譲渡について

旧・日本電気精器株式会社の計測制御装置事業譲渡について

平成12年4月に、デンセイ・ラムダ(株)(旧・日本電気精器(株))より、約40年の歴史がある計測制御装置事業(水門管理機器、産業機械向け計測機器)を正式に譲渡され、当社において継続して製造・販売を行っています。

なお当社では、製品・型式名、機器仕様、過去の納入仕様書・試験成績書についても、デンセイ・ラムダ(株)より継承していますので、ゲート巻上げ設備との仕様適合性が重要な既設品の修理や更新なども、ユーザー様の負担を最小限度に抑えたスムーズでスピーディーな対応が可能です。

当社は、45年にわたり製造・販売している水位計・流量計と、デンセイ・ラムダ(株)から継承したゲート開度計という、数多くの納入実績がある各種センサを組み合わせることによって、水資源の有効利用や防災に最適な水門管理システムを提供いたします。
 

ページトップへ