株式会社 拓和 | 拓和は「水を知ること」の価値と可能性で世界の明日を創る企業です

 

工場見学

私たちの生産拠点へようこそ!

「見たい・知りたいのは開発・製造の現場だ」というお客様と、拓和に関心を抱いてくださった全ての方の想いに私たちは全力でお応えしたい。是非私たちの生産拠点「拓和新技術開発センター:TIC(TAKUWA Technical Innovation Center)」にお越しください。
プロジェクションマッピングや模型などを活用して「五感に訴える」ことを目指すショールームをご用意しています。初めて訪れる方でも感覚・体感から拓和を知っていただける見学を体験してください。

まずは私たちの生産拠点TICを見に来てください

「TIC」って何?

拓和の生産拠点であるTICに来て、ぐるりと施設を一周すれば、拓和という会社がどんな会社なのかご理解いただけるはず。TICとは、拓和のものづくりの原点・拠点である工場のことです。
TAKUWA Technical Innovation Center の頭文字を取って略して「TIC」。日本語の正式名称は「拓和新技術開発センター」です。拓和の社内ではティーアイシーまたはセンターと呼んでいます。

ホスピタリティを大切にした創造空間

拓和の自慢は工場がとても綺麗なこと。職場が綺麗だと仕事がはかどる気がしませんか。だから私たちは5S(※)に力を入れ、職場を綺麗にすることを徹底しています。そもそも職場が綺麗だったらそれだけで気持ちいいですよね。それはお客様にとっても同様だと思います。工場をいつも綺麗に整えて、訪れる方をお出迎えする。美しい工場。それが拓和のホスピタリティであり、タクワ式の基盤でもあります。

※ 職場環境改善の際に用いられるスローガン。5Sとは、各職場で徹底されるべき5つの活動の頭文字のことで、「整理、整頓、清掃、清潔、しつけ」のことを指します。

ショールームがおもしろい!

新しい市場でのお客様や、ビジネスパートナーをお探しの皆さま、およびすべてのステイクホルダーとなる皆さまに、拓和という会社を理解していただき信頼していただくため、プロジェクションマッピングや模型を活用した「五感に訴える、感覚的な仕掛けを施したショールーム」を準備しました。
もちろん、大人だけではなく、小学生・中学生の皆さんにも楽しみながら理解していただける教育空間にもなっています。拓和のものづくりをお客様にも未来を担う子どもたちにも知っていただきたい…私たちの想いと熱意が結集したショールームです。

私たちの品質へのこだわりも是非知ってください

タクワ式評価試験施設 - ここでも「なのに」にこだわりました

クリーンルーム ルーム内は常に国際規格 ISO クラス7という清潔な環境に保たれています。さらにセンサーを組み立て、検査をする作業者の手元は常に空気が対流し、クラス5に保たれています。組み立て後の製品も出荷までルーム内に保管されます。
因みにクラス7は手術室、クラス5は時計などの精密機械を作る工場と同等の指標。「防災機器メーカーなのにそこまで徹底するの?」と誰もが驚く環境整備を進めるのも「タクワ式」ならではです。
耐水圧試験専用の水槽 実際の水位計の設置現場に近づけるため、専用の水槽内で実水による耐水圧試験をおこないます。水槽の高さはなんと6m! これは水位計メーカーの持つ耐水圧試験の施設としては異例の大きさです。
高圧試験水槽 10気圧まで水圧をかけることのできる直径1.2mの試験水槽も設置。実河川ではなく、ダムなどの水深が深い構造物に設置する際の耐水圧試験も自社で行うことができます。

もしかしたら、ここまでの徹底した環境はメーカーには求められていないのかも知れません。ですが私たちは「なのに、そこまでやるの?」にこだわり、おそらく世界中どんな水位計メーカーでも持っていない環境を整え、常に「常識を超えた製品・技術」の創造に注力しています。これもタクワ式の実践の一例です。

世界品質の品質・環境管理 - ISO認証取得

品質マネジメントシステム(QMS)

ISO9001認証を2000年に取得。タクワ式に基づく徹底した品質管理は世界品質です。

環境への取り組み - 環境マネジメントシステム(EMS)

環境マネジメントシステム(EMS)についても拓和は積極的に取り組んでいます。2016年10月に、2015年改訂版のISO14001認証を取得。拓和は、「きれいな水をまもるものづくり」に徹し、美しい地球を未来に受け継いでゆくことを約束します。

いま地球上では、新興国のみならず、開発途上国でも自国を発展させたいという成長意欲が高まっています。一方で、経済活動が活性化し、水の需要は年々増加しており、限られた水資源の確保が争いの原因になっています。
資源を争い合う人びとが唯一共有できる価値観があるとすれば、そのキーワードは「環境」だと拓和は考えています。
心をひとつにして取り組むことができる共通の価値観があるとすれば、それは「環境だけは壊してはいけない、まもらなくてはいけない、未来に残さなくてはいけない」という考え方ではないでしょうか。
私たち拓和も、地球に生きる一員として、大切な資源である水をまもりたいと考えています。「水をまもる」ことは地球上のすべての生物の生活環境を「護る」ことであるとともに、美しく保たれた未来の地球の姿を将来に「約束する(約束をまもる)」 ことでもあります。

水位計を設置することで環境を保護する

また近年は、自然災害の規模が毎年のように巨大化し、それらが時を置かず、場所を選ばずして発生する傾向にあります。
大規模な自然災害によって破壊された都市の復旧には、膨大な資源を必要とします。
私たちの水位計やセンサーを設置し、被害を低減することは、森林資源や鉱物資源の枯渇の進行を緩めることになります。

2015年改訂版ISO14001は、「企業の社業そのものが地球環境にどれだけ貢献しているか」を重要視しています。正にその意味で拓和の社業は環境保護ビジネスでもあります。

私たちは創業から半世紀にわたり「水を測る」という企業テーマのもと、水位計の製作・販売を社業の柱として成長してきました。
地球の命の糧とも言える水を知り、川から学び、水と親しみながら成長してきた私たちにとって、地球の未来をまもり受け継ぐことは、これまで水に成長させてもらったことに対する恩返しであり、これからも成長を続けていくために必然なことであり、そして何よりも使命であると考えています。

もうひとつのこだわり - 安全衛生活動

拓和の製品は、川や土砂災害危険箇所などの、ひとつ認識を誤ると重大な事故になりかねない現場に設置されます。
言うまでもなく、国の治水・防災事業は、国民の税金に基づく公共事業であり、公共事業への貢献を事業の柱としておよそ50年間社業を続けてきた弊社は、顧客にとっての企業価値(事故や災害を起こさない安心な企業)を守るだけでなく、さらに強固なものにするため、本活動にますます注力していく必要があります。
従って、現場での安全体制を重視する拓和は、安全衛生委員会をすべての拠点(本社・支店・営業所・新技術開発センター)で毎月開催しています。
これは「戦略的安全衛生活動」と呼ぶ、タクワ式の考え方に基づいた方針の一環であり、「社員の幸せと会社の成長を両立させるために、会社を挙げ徹底して安全衛生活動を推進する」というものです。

安全衛生に真面目に取り組んで業績を落とした会社はありません。
弊社は、安全衛生活動を強みとする企業になることを目指しています。
180人規模の水位計メーカーが大手ゼネコン並みに安全衛生活動を徹底して実践していることを社会に発信していきます。
これも「水位計メーカーなのに、そこまでやるのか!」という拓和のこだわりです。

なお、建設業労働災害防止協会が、建設事業場における安全水準の向上を目的に作成した安全管理システム『COHSMS(コスモス)』も、同様にすべての拠点で認証を取得しています。